面倒くさがりの彼氏を夏のバカンスに連れ出す工夫9パターン

  • 【2】「一度でいいから大きな伊勢海老を食べてみたいの!」と旅の目玉を明確にする

    「目的があると具体的に旅が想像できる」(20代男性)など、ただ漠然と旅行に誘うよりも、「○○をする!」という目的がハッキリしているとイメージがつかみやすいようです。彼氏が興味を持ちそうな「目玉」を強く打ち出してみてはいかがでしょうか。