男子をドン引きさせるおかしなムダ毛処理9パターン

  • 【3】ひざ下だけなど、境界線が明らかにわかる脱毛をする

    「くっきり境目があってビックリした」(10代男性)というように、「ここからは服で隠れるから」などの理由で処理をサボると、ふとした加減で処理前の部分が見えたとき、株を下げてしまうかもしれません。特に毛量の多い人は、境界線が目立ちがちなので、「処理するときは全身!」というつもりで挑んだほうがいいでしょう。