「悲惨すぎ!」と同情してしまう女友達の恋の修羅場9パターン

幸せそうに見えるカップルも重大な問題を抱えていたりするもの。もしもあなたの友達が、彼氏から酷い仕打ちを受けていると知ったら、どんな言葉をかけてあげますか? そこで今回は、10代から20代の独身女性263名に聞いたアンケートを参考に「『悲惨すぎ!』と同情してしまう女友達の恋の修羅場」をご紹介します。

  • 【1】彼氏に殴られて負傷する

    「マスクの下に青あざが…。それでもカレをかばっていた」(20代女性)というように、友達が恋人から暴力を受け、それをひた隠しにしていたケースです。「ダメな自分に対する愛情表現の一つ」などと言い続けるなら、「そんなの愛じゃない」と目を覚まさせてあげましょう。