逆プロポーズのつもりが、「何が言いたいの?」と真意が伝わりにくいセリフ9パターン


勇気を振り絞ってする女性からの逆プロポーズも、あまりに回りくどいと、真意が伝わらず空振りに終わってしまうこともあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性204名に聞いたアンケートを参考に「逆プロポーズのつもりが、『何が言いたいの?』と真意が伝わりにくいセリフ9パターン」をご紹介します。

  • 【1】旅先でのポエムで終わってしまう「年をとったらまた一緒に来たいね」

    「『きれいな風景だよね』とまとめられてしまった…」(20代女性)というように、将来への展望を単なるロマンチックな感傷ととられてしまったケースです。「新婚旅行でまた来ようよ」などと明確にアピールしたほうが良いでしょう。