間が悪すぎるだろ!男性を困らせてしまう告白のタイミング9パターン

勇気を出して好きな男性に告白するなら、少しでも好印象を残して色よい返事をもらいたいもの。そのためには、「避けたほうがいいタイミング」があるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性136名に聞いたアンケートを参考に、「『今、告白されても…間が悪すぎ!』と男性を困らせてしまうタイミング9パターン」をご紹介します。

  • 【1】重要な試験やイベントの直前など、目標に向けて集中しているとき

    「相手をどう思うか以前に余裕がない」(10代男性)というように、目前の重要な課題に集中している男性には、好意の有無とは関係なく恋のアプローチが届きにくい場合があるようです。頑張りを応援することで親近感を抱いてもらいながら、告白のチャンスを待つとよさそうです。
  • 【2】転勤や引っ越しを控えているなど、生活環境が変わりそうなとき

    「付き合っても即遠距離になるのは正直厳しい」(20代男性)というように、生活環境が変わる直前の男性は、今の環境での恋愛に興味を抱きにくいようです。どうせなら、引っ越し先に自分から会いに行って告白したほうが、本気度が伝わるかもしれません。