自分から告白したにも関わらずイケメンの彼氏をフッた女性の言い分あるある

1401541511678 200x200

自分からアプローチして交際し始めた彼氏なのに、別れたくなることもあるようです。その理由とはどんなものなのでしょうか? 今回は、10代から30代の独身女性189名に行ったアンケートを参考に「自分から告白したにも関わらずイケメンの彼氏を振った女性の言い分」を紹介します。


◆イケメンの彼を美化しすぎて、中身とのギャップに萎えたから
・「勝手に期待したのはこっちですけど、実態を知ってガッカリ」(20代女性)
・「顔も振る舞いも王子様、みたいな男性はいないですね(笑)」(20代女性)
・「『美人は3日で飽きる』ってイケメンにも言えるのかも」(30代女性)

◆モテる彼氏に「どうせ浮気している」と思い込んでしまったから
・「自分と付き合っているのも、単なる遊びなのかなって」(10代女性)

◆レベルの高い女性が次から次へと彼にアプローチしてくるので、弱気になったから
・「ほかの女が次々寄ってくるからしんどい」(20代女性)

◆彼が誰に対しても優しいので、常にイライラしたから
・「彼が八方美人すぎて、いつも嫉妬してしまう自分が嫌になる」(20代女性)


イケメンの彼氏に対する勝手な期待外れや引け目から、付き合いを続けることを断念してしまう女性もいるようです。すぐに結論を出そうとせず、他の女性にはわからない彼の魅力を探してみると、外見以外で惚れ直すポイントも出てきそうです。