知り合ったばかりの男性でも受け入れやすいデートの誘いあるある

1401539353726 200x200

知り合ってすぐの男性にデートに誘われると、軽い女だと思われたくないといった理由で返事を躊躇してしまう女性は多いものです。ただし、誘い文句によっては即決もアリのよう。どういう切り口ならOKしやすいのでしょうか。「オトメスゴレン」女性読者に「知り合ったばかりの男性相手でも、受け入れやすいデートの誘い」を聞いてみました。


◆簡単な頼みごとをし、そのお礼をする口実で誘う
「定番でしょう。私もよく使う手だけど、一番自然だと思う」(20代女性)
「お礼にごちそうするよ、と言われたら、特に断る理由もないから」(30代女性)
「2人で会う因果関係をはっきりさせてくれると、変に警戒しなくて済む」(20代女性)

◆「せっかく映画のタダ券が二枚あるから」など、チケットが余ることのもったいなさを強調して誘う
「『無駄にしないよう協力してあげる』という形になってカッコがつく(笑)」(20代女性)

◆「仕事がらみの相談があって」など、デートだと意識させずに二人で会う
「仕事の延長と思えば、断るという選択肢はまずない」(30代女性)

◆スイーツのお店など、男性だけで行きづらいお店に「一緒についてきて」と頼む
「私でよければ、ってなるかな。まあちょっと言い訳がましいけど(笑)」(20代女性)

決め手は「上手な口実」のようです。ストレートに好意をぶつけられるのもうれしいものですが、知り合ったばかりの相手なら、会う理由がはっきりしていた方が安心するのかもしれません。とはいえ、口実を強調し過ぎると男性が「脈なしかも」と思い発展性がなくなります。実際はデートのつもりなら、カジュアル過ぎる服装や仕事モードの言動は控えた方がよいでしょう。(Office Ti+)