「今夜は帰さない」と腹を決めさせてしまう小悪魔行動9パターン

「もっと長く一緒に居たい」という気分のときも、自分から言い出すことに躊躇をおぼえる女性は多いのではないでしょうか。できれば、男性のほうを自然にそう決意させる方向にもっていきたいものです。そこで今回は、10代から20代の独身男性147名に聞いたアンケートを参考に「『今夜は帰さない』と腹を決めさせてしまう小悪魔行動9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「疲れたね」と電車の中でもたれかかる

    「服ごしに体のぬくもりが伝わってきてヤバかった」(20代男性)というように、ボディタッチの威力は相当なものでしょう。あまり露骨にしなだれかかるとわざとらしいので、あくまでも自然なそぶりを心がけたいものです。
  • 【2】「あれ…雨?」と急な悪天候を不安がる

    「どしゃ降りの中を一人で帰すわけにはいかないと心を決めた」(10代男性)など、帰り道を心配させるパターンです。さほど雨脚が強くないときは、「うちのほうはもっと降ってるかもしれない」と、地域差を強調してダメ押ししてみましょう。