好きな男性についてしまう「自分をかわいく演出するためのウソ」あるある

1400308523037 200x200

好きな人の前では、多くの女性がつい「いい子ブリッコ」をしてしまうもの。相手に良く思われたくて、「ウソ」をついてしまうことだってありますよね。というわけで「オトメスゴレン」女性読者のみなさんに、「気になる男性についてしまいがちな、自分演出のウソあるある」を聞いてみました。果たして、この程度なら許される…?


◆付き合った人数を少なめに申告する
「いつも4、5人って言ってるけど、本当は2桁です」(20代女性)
「短期間の恋愛は含めず、1年以上付き合った人だけカウントする。自分の中では嘘じゃないつもり」(30代女性)
「数だけじゃなく初カレ、初キスなど、すべての初体験年齢も遅めにサバを読む」(10代女性)

◆本当は苦手なのに子ども好きを強調する
「だって、嫌いだなんて言ったら、男性は絶対に引くでしょう」(20代女性)

◆「あるもので適当に夕食を作ってる」などと料理上手ぶる
「家庭的だと思われたくて、つい…。実際はレトルト食品をアレンジしているだけ(笑)」(30代女性)

◆本当はもっと食べられるけど、「もうお腹いっぱい」と小食を演じる
「実は大食いです。すみません」(20代女性)


女性目線では、罪のないウソに思えますが、相手の男性がどう受け止めるかは不明。いずれにせよ、関係が発展すれば知られる可能性が高いので、早めにカミングアウトした方がよいでしょう。ただし、過去の恋愛については別。デリケートな話題ですから、相手の性格を考慮し慎重に判断してください。一度隠すと決めたら、最後まで隠し通す覚悟も必要です。(Office Ti+)