「あの一言さえなければ…」と後悔している別れの原因になったセリフ9パターン

“I Shouldn’t Have Said That …” 9 Heartbreaking Phrases

彼氏と議論中につい言ってしまった一言のせいで、別れるハメになってしまったカップルは少なくありません。一体、どんなセリフが別れを引きよせてしまうのでしょうか。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんの意見をもとに「『あの一言さえなければ…』と後悔している別れの原因になったセリフ」をまとめてみました。

  • 【1】「もう好きかどうか分からない!」

    「本心じゃないのに、一時の感情で…」(20代女性)というように、マンネリ気味の彼氏と口論をしているときに、ヒートアップして言ってしまいそうな一言です。どんなにカッとなっても、「好き」を否定するような言葉はカップルにおける禁句なのかもしれません。
  • 【2】「付き合っていても何にも楽しくない」

    「わざと怒らせるために言っちゃった」(10代女性)というように、彼氏の愛を試すために「楽しくない」と言ったのに、本気にされて別れてしまったというカップルも。口ゲンカ中は彼氏も冷静さを失っているので、慎重に言葉を選ぶか、言いすぎたときはすぐにフォローするかしたいところです。