「彼氏のマリッジブルー」を緩和してあげるための一言9パターン


自分からプロポーズしたのだとしても、男性は、いざ結婚が決まると少なからず不安や憂鬱を覚えるもの。「頼りないな!」と追い詰めるより、なるべく優しくサポートして、無事に式本番を迎えたいところです。そこで今回は、インターネットユーザーの男性172名に聞いたアンケートを参考に「『彼氏のマリッジブルー』を緩和してあげるための一言9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「これからも趣味は続けていいよ」と、自由な時間を作ってあげる

    「アイドルのライブは卒業しろと言われそうで気が重い」(20代男性)など、結婚を境に「趣味を奪われる」という危機感を抱く男性は多いようです。ストレスを溜めさせるのが本意でなければ、早い段階で「個人の時間」の考え方を話し合っておきましょう。