初対面で「あ、私、この人と付き合うかも!」と直感した瞬間9パターン

  • 【8】会話が途切れて無言になっても全然苦痛を感じなかったとき

    「むしろ心地いい時間を感じました」(20代女性)というように、二人の間に訪れた沈黙を楽しめた時点で、もはや恋人同士と変わらないといえそうです。相手も話題が途切れたことを気にしていないようなら、同じことを考えているのかもしれません。