「何回話せば気がすむの…?」と友達をウンザリさせるノロケ話9パターン

たまになら、微笑ましい気持ちになれる「恋人自慢」も、あまり繰り返すと「しつこい!」と敬遠されてしまうようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性252名に聞いたアンケートを参考に「『何回話せば気がすむの…?』と友達をウンザリさせるノロケ話」をご紹介します。

  • 【1】誕生日にしてもらったサプライズなど、「愛され自慢」

    「何度も聞かされたから、彼氏のキメ台詞とか覚えちゃった」(20代女性)というように、無意識のうちに同じ話を繰り返してしまい、相手をウンザリさせているケースです。自分にとっては素敵な思い出でも、他人はそこまで関心がないと肝に銘じましょう。
  • 【2】二人の馴れ初めから今に至るまでの「歴史説明」

    「告白されるまでの『クラス替えヒストリー』とかどうでもいいから!」(10代女性)というように、恋人の歴史が面白いのは、当事者の間だけのようです。友人に馴れ初めを聞かれたとしても、要点をまとめて話したほうが、気持ちよく聞いてもらえるかもしれません。