オシャレ女性が「でも何か違う…」と残念に思われる瞬間9パターン


女性なら誰しも「キレイだ」と思われたいもの。オシャレや美容を頑張るのは素晴らしいことですが、表面的な美意識ばかりが先行すると、意外なところで「何か違う」と思われてしまうようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性172名に聞いたアンケートを参考に、「オシャレを頑張っている女性が『でも何か違う…』と残念に思われる瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】口を開けたまま咀嚼するなど、食事マナーが汚いとき

    「どんなに美人でもクチャクチャされたら一瞬で冷める」(20代男性)など、食事マナーの悪さが容姿の美しさを台無しにするケースです。特にデートにおいては食事がつきものだけに、相手の目にどう映るのかを意識したいところです。