最初は「恋愛対象外」だった男性と付き合った理由あるある

1399088468995 200x200

男性に会ったときは、無意識のうちに「恋愛対象」かそうでないかを区別してしまうものです。でも、最初「恋愛対象外」だったけど、いつしか気持ちが変わって恋愛関係に…という経験も多いもの。第一印象を塗り替えるものは何なのか、「『恋愛対象外』の男性と、付き合ってしまった理由」を「オトメスゴレン」女性読者に聞いてみました。


◆とにかくストレートに「好きだ」と告白された
「それまでは男として見てなかったけど、告白されるとドキドキして『恋愛対象』に」(20代女性)
「会うたびにデートに誘われて…。分かりやすい押しに負けました(笑)」(20代女性)
「そこまで言ってくれるなら、と、その情熱にほだされる」(30代女性)

◆自分が心底落ち込んでいるときに、側にいて精神的に支えてくれた
「優しく慰めてもらっていると、頼れる人なんだなと思うようになった」(20代女性)

◆外見は地味でも実はスポーツが得意など、いい意味でのギャップを知った
「最初はナヨナヨした人だと思ってたから、男らしさに驚いた。見る目がなかったかも」(10代女性)

◆職場で同じ仕事を担当するなど、一緒に過ごす時間が長くなった
「共通の話題が増えるし、今まで知らなかった優しさや気配りにも気付けるから、見方が変わる」(30代女性)

初対面での「恋愛対象外」判断は、あくまで第一印象によるもの。相手を知ることで変わってもおかしくないため、最初の印象に縛られなければ、よい出会いにつながりそうです。ただし、あなたの心が弱っているときは要注意。あとになって「なぜ付き合ったんだろう」と思うような恋愛はお互いに不幸です。一歩踏み出すかどうかは、落ち着いてから考えることをおすすめします。(Office Ti+)