あまり親しくなくても相合傘をOKしたくなる「誘われ方」7パターン

傘を忘れて困っているときでも、あまり親しくない男性との「相合傘」には尻込みしてしまうもの。ただ、男性の誘い方によっては、すんなり受け入れられる場合もあるようです。そこで今回は、10代から30代のオトメスゴレン女性読者に聞いた「『相合傘してもいいかも』と思わず応じてしまう男性の誘い文句」を紹介します。

  • 【1】傘を差しかけながら、心配そうに「風邪、ひいちゃうよ?」

    体調を気遣ってくれる一言に「優しいんだね」とニッコリすれば彼も心のなかでガッツポーズをするでしょう。