結婚式の準備で疲労困憊…そんな彼氏を生き返らせる一言9パターン

招待客選びに始まり、衣装の決定、装花のレイアウトにムービーの仕込み…。つつがなく「結婚式」を遂行するには準備が大変でしょう。幸せいっぱいのはずのこの時期、慣れないことの連続に彼氏がストレスをためてしまったら、二人の足並みが揃わなくなってしまうかもしれません。そこで今回は、インターネットユーザーの男性240名に聞いたアンケートを参考に「『結婚式の準備、大変だけど…がんばろう!』と彼氏を生き返らせる一言9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「あと何日だね」と、待ち遠しそうにカウントダウンする

    「先が見えれば、踏ん張りが利く」(20代男性)というように、期限を意識させるのは、シンプルながら効果バツグンのテクニックでしょう。彼氏にプレッシャーをかけないように、あくまでも嬉しそうな顔で「もう1ヶ月前だね」などとささやくとよさそうです。
  • 【2】「マリッジブルーになる暇なんてないね」とニッコリ微笑む

    「そう言われると『忙しいのも悪くないな』と思えてくる(笑)」(20代男性)というように、準備に追われる状況を逆手に取った言い方をするのもアリでしょう。「大変だけど、幸せだね」などと言い足せば、ラブラブな雰囲気を演出できるかもしれません。