キュンとするどころか「正直痛い」アプローチあるある

1397918014360 200x200

「ちょっと強引な自信家の男性が好き」という女性もいるようですが、「自信過剰」過ぎる口説き方だとそれはそれで鬱陶しく感じるようです。そこで今回は、10代から30代の独身女性187名に聞いたアンケートを参考に「キュンとするどころか『正直痛い』アプローチ」を紹介します。


◆女の子の誕生日に、アポなしで家まで行き強引にプレゼントを渡す
・「なんかストーカーっぽい」(20代女性)
・「サプライズのつもりかもしれないけど、夜に突然来られると恐い」(20代女性)
・「本命の彼が誤解するからやめてほしい」(30代女性)

◆「同期のなかでは出世株」とデキる男をアピールする
・「優秀な人ってそういうこと言わない」(20代女性)

◆自分が過去にどのくらいモテていたのか熱弁をふるう
・「気持ちは分かるけど、過去の栄光じゃなくて今が問題だから」(30代女性)

◆「もう好きになりかけてるでしょ」と強気なセリフを言いながら女の子の体に触れる
・「私を安く見ないでほしい」(20代女性)


「自分がいかに立派かを自慢する」「思いやりがなく、強引なだけ」という態度に呆れる女性も多いでしょう。彼の行動がエスカレートしないうちに「強引すぎる態度は好きじゃないの」などと、認識違いのアプローチに釘を刺したほうが良さそうです。