「べったり系彼氏」といい距離感を保つためのセリフ9パターン

お互い一人暮らしのカップルの場合、ある程度親しくなると、どちらかの家に入り浸りになってしまうのはよくあること。どんなに好きな彼氏でも、「四六時中一緒では息が詰まってしまう」という女性は多いのではないでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性286名に聞いたアンケートを参考に、「自宅に帰りたがらない『べったり系彼氏』と、いい距離感を保つセリフ9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「せめてお泊まり頻度を決めない?」と、ルールを提案する

    「惰性で一緒にいてもいいことないから、ちゃんと話し合う」(20代女性)など、お互いに納得できる「ルール」を決めることで、負担を軽減する方法です。自分一人の時間も大切に考えていることを、素直に伝えるとよいでしょう。