ケンカしてもすぐに仲直りできるラブラブカップルの特徴7パターン


「ケンカするほど仲が良い」とよく言いますが、決め手は仲直りの仕方にあるのかもしれません。そこで今回は、10代から30代のオトメスゴレン女性読者に聞いた「ケンカのあとすぐに仲直りできるラブラブカップルの特徴」を紹介します。

  • 【1】自分に少しでも非があると思えば素直に謝る

    「喧嘩両成敗」という意識を持てば、意地を張らずに謝ることができるかもしれません。

  • 【2】直接謝ったあとに、改めてメールで気持ちを伝える

    二段階のフォローで誠意がさらに伝わります。

  • 【3】ケンカはしても、「おやすみ」メールは忘れずに送る

    「ケンカはケンカ」という割り切りが、仲直りのきっかけを作るようです。

  • 【4】片方がご機嫌斜めでも、もう片方はあえて普段通りに接する

    両方がピリピリしたままでは、冷戦状態が続くだけ。相手の負のオーラにつられず平常心で過ごしましょう。

  • 【5】ケンカをした後に必ずどちらかが「仲直りしよう」と切り出す

    提案する勇気をちょっと出すだけで深刻な事態を避けられそうです。

  • 【6】お互い、一人の時間をつくり冷静になる

    一人になると「会いたい」という思いが募ってケンカも忘れてしまうかもしれません。

  • 【7】常日頃から、ちょっとでも不満に思ったことはお互い話すようにする

    我慢しすぎて爆発するより、小出しにするほうがストレスも溜まりにくそうです。

恋人同士にケンカはつきものです。いつも彼氏とケンカ別れをしてしまう人は、今回の例に倣ってラブラブキープを目指してみてはいかがでしょうか。
Photo:All images by iStock