彼氏を「記念日に積極的なオトコ」に変える方法9パターン

概して男性は、女性ほど記念日を大切にしないもの。しかし、「できれば自分と同じくらい盛り上がってほしい」というのが女性の本音ではないでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性234名に聞いたアンケートを参考に「彼氏を『記念日に積極的なオトコ』に変える方法」をご紹介します。

  • 【1】最初の記念日は自分でセッティングして、お手本を見せる

    「自分がしてほしいように、彼氏の誕生日を祝うべし」(20代女性)など、何をすればいいかわからない彼氏には、自分の理想を盛り込んだ「記念日の祝い方」を実践してみせるといいようです。「人気のお店だから1カ月前に予約したんだよ」などと、苦労話っぽく情報を提供してもよさそうです。
  • 【2】一般論として「女子は記念日が好き」と刷り込む

    「『興味ない』なんて言ってる男には、まずここから!」(20代女性)など、記念日に無関心な男性は、彼女も自分と同じだと誤解していることがあるようです。記念日を大切にする女性心理を理解すれば、「彼女が喜ぶなら!」と一肌脱いでくれるかもしれません。