「好き」の代わりに使っている「告白セリフ」あるある

1396351682810 200x200

好きな相手に気持ちを伝えたいと思ったとき、みなさんは何と言いますか? 「好き」と言えれば簡単ですが、はっきり拒絶されないよう、あえて別の表現を選ぶ人も多いようです。そこで今回は、「オトメスゴレン」の女性読者を対象に「『好き』の代わりに使っている『告白セリフ』」を調べてみました。


◆「これからも○○君と一緒にいたいな」
「ほとんど告白と同じだと思うけど(笑)、フラれにくい言い回しを選んでます」(20代女性)
「反応が鈍かったら『ずっと飲み友達でいよう』とか言ってごまかせるから」(20代女性)
「『付き合って』とは言えないけど、これならギリギリで言える」(30代女性)

◆「○○君の隣にいると、なんか落ち着くなー」
「ずっと隣に居たいの!という意味で使っています」(20代女性)

◆「○○君は好きな人、いるのかな…」
「告白の前フリによく使う言葉だから、聞かれた方も意識すると思う」(10代女性)

◆「数年後、二人ともフリーだったら付き合おっかー」
「未来の話なら断られないかなと…。相手の反応も見られるし」(20代女性)

◆「○○君は私のこと、あんまり興味ないの?」
「私は大好きだけど、という続きは言えないものの、雰囲気だけでも伝えたいから」(20代女性)

「YES/NO」の返事を迫らず、相手に自分を意識してもらえるよう工夫しているようです。やはり「最終的には男性から『付き合おう』と言ってほしい」というのが本音かもしれません。とはいえ、結論を相手に委ねたままでは、曖昧な関係が続くことも。はっきりさせたいなら、勇気を持ってきちんと告白することも考えましょう。(Office Ti+)