「私と結婚するつもりがないの?」と不安になる彼氏の一言あるある

1394546399270 200x200

そろそろ結婚をと思っているとき、彼氏が不用意な一言をポロリ。「この人と一緒にいたら結婚できないかも」と、気持ちが冷め始める…。そんな経験のある人は多いようです。では、女性の結婚願望に冷や水を浴びせるのは、彼氏のどんなセリフなのでしょうか。「オトメスゴレン」女性読者に「『私と結婚するつもりがないの?』と不安になる彼氏の一言」をリサーチしてみました。

◆「両親への紹介は、まだ早いんじゃない」と、実家に招くことを拒む。
「いつならいいの? 表面だけのプロポーズなんて聞きたくない」(20代女性)
「いずれ結婚するつもりがあるなら、紹介くらいできるはず」(20代女性)
「こんなの決定的でしょう。結婚する気がないと言っているも同然」(30代女性)

◆「今幸せだから、何も変える必要ないよね」などと、現状に満足していることをアピールする
「聞こえはいいけど、つまり結婚という重圧から逃れたいんだ、としか思えない」(20代女性)

◆「やっぱ一人が気楽でいいわー」とケンカしたあとにつぶやく
「それなら本当に一人になれば?と思う」(20代女性)

◆「貯金? あるわけないじゃん」など、貯蓄がないことを平気で告白する
「いい年をして貯金ゼロで、胸を張れる感覚が分からない。一気に冷めた」(30代女性)

◆「先のことは考えられない」と言って、将来について話そうとしない
「無責任過ぎ。それを聞いて、私も彼との将来を考えられなくなった」(20代女性)


彼氏は何の気なしに言った言葉かもしれませんが、結婚を考える女性にとっては聞き捨てならないものばかりですね。一度だけならまだしも、似たような発言を繰り返す場合は要注意。本当に結婚の意志がない可能性もあります。彼氏の気持ちが固まるまでは待てない、と思うなら、破局覚悟で、きちんと将来の話をした方がよいかもしれません。(Office Ti+)