「結婚を焦って失敗した!」と後悔しているイタい思い出9パターン


歳を重ねるごとに、結婚に対するプレッシャーは大きくなるもの。しかし、ムダに焦って行動しても、「イタいことしちゃった…」と後悔することになりかねません。そこで今回は、10代から20代の独身女性286名に聞いたアンケートを参考に「『結婚を焦って失敗した!』と後悔しているイタい思い出」を紹介します。

  • 【1】合コンやお見合いを繰り返し、「婚活疲れ」をしてやつれた

    「疲れてドタキャン、自己嫌悪です」(20代女性)というように、予定を入れすぎて体調を崩してしまった経験のある女性は多いようです。とはいえ、合コンやお見合いが有意義な出会いの場なのは事実なので、無理しない程度に参加するのがよいでしょう。