女子校出身者ならではの「ズレた恋愛観」9パターン

思春期にどんな環境で育ったかは、その人の恋愛観に大きく影響するもの。青春時代を「女子校」で過ごした人は、やや偏った思い込みを育みやすいという意見もあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性286名に聞いたアンケートを参考に、「女子校出身者ならではの『ズレた恋愛観』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】目線が合った男性は「自分に気がある」と錯覚する

    「自意識過剰だった」(20代女性)など、男性と目が合うだけで「私を好きなの?」と感じるのは、女子校出身者にありがちな思い込みのようです。恋愛関係への発展を期待するなら、そこから何ステップも工程を踏む必要があると覚えておきましょう。