彼氏が自宅に来たときイラッとする行動あるある

1394031159604 200x200

恋人同士であっても、部屋での過し方やルールは人それぞれ。彼氏に対して「自分の部屋ならいいけど、私の部屋にきたときはやめてほしい」と思うことって、結構たくさんあるようです。そこで今回は、「オトメスゴレン」女性読者のみなさんに「彼氏が自宅に来たときイラッとする行動あるある 」を聞いてみました。

◆換気を気にせずスパスパとタバコを吸う
「タバコのニオイがイヤ。せめて外で吸ってよ、と思う」(20代女性)
「言わないけど、大事にしている服やコートが臭くなると思うと、気が気じゃない」(30代女性)
「壁紙が黄ばんだら、引越しのとき敷金が戻ってこないじゃん!」(10代女性)

◆トイレの便座を上げて使ったまま下げない
「気づかず便器に直接座りそうになって、そのたびイラッとする」(10代女性)

◆大音量でテレビを見たり音楽を聞いたりする
「大家さんに苦情を言われるのは私なんだから、少しは配慮してほしい」(20代女性)

◆使っていない部分の電気を点けっぱなしにする
「注意するとケチくさいと思われそうで言えず、余計ストレスがたまる」(20代女性)

◆スリッパを使わず裸足で歩き回る
「足のアブラがフローリングに付くし、足裏の埃がソファやベッドに付くし、最悪…」(30代女性)


付き合い始めの頃は、遠慮して細かいことを口にしにくいものです。でも時間がたってから指摘すると、彼氏はあなたが「急に口うるさくなった」と感じるかもしれません。それならむしろ、初めてあなたの部屋で一緒に過ごすときに「私の部屋での三箇条」など、明るく宣言しておいてはいかがでしょうか。彼氏にも遠慮がある時期だからこそ、すんなり受け入れてくれそうです。(Office Ti+)