お花見で「ワガママすぎ!」と男性陣の反感を買ってしまう発言9パターン

「みんなでワイワイ楽しく」が暗黙のルールといえるお花見の場で、安易に言うと空気をぶち壊してしまうのが「不平不満」です。身勝手な発言をしていると、最初は笑顔で対応してくれた男性陣も、心の中で「帰れ!」コールを唱えているかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性240名に聞いたアンケートを参考に「お花見で『ワガママすぎ!』と男性陣の反感を買ってしまう発言9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「ここ歩きにくい」と、ヒールを履いてきて不満を述べる

    「スニーカー履いてこいや!」(20代男性)というように、お花見の日に足場の悪さに文句を言っても自業自得だと思われそうです。「ごめん、ゆっくり歩いていい?」などと足が痛くなっても謙虚な姿勢でいれば、快く助けてもらえるでしょう。