「記念日」を悪気なく忘れてしまう彼氏の本音9パターン

  • 【4】「母親の誕生日を優先したとは言えない」と事情を隠すために忘れたフリをしている

    「『私は二の次?』と睨まれるよりマシ」(20代男性)というように、彼女との記念日だと知りながら、やむなくスルーした可能性もあります。「来年は日にちをずらそうか?」などとしおらしく譲歩してみせると、感激して優先順位を上げてくれるかもしれません。