ホワイトデーを過ぎていても好印象なお返しあるある

1393223509877 200x200

ホワイトデー当日にお返しをもらえなかったとしても、彼のフォローの仕方によっては別の日でも印象深い思い出になるものです。オトメスゴレンの女性読者のアンケートを参考に「ホワイトデーを過ぎていても好印象なお返しあるある 」を紹介します。

◆「当日に渡せなくてごめんね」と謝罪の言葉を添えて両手で渡す
・「謝罪の気持ちを添えてくれるだけで満足」(20代女性)
・「真剣な表情で渡されると、キュンとします」(20代女性)
・「遅れると渡しにくいと思うのに、彼の真面目さがわかってうれしい」(30代女性)

◆「これは遅れたお詫びだから」と言って、おまけ付きのプレゼントをする。
・「おまけが付いていたら、普通にもらうより嬉しいかも」(20代女性)

◆「遅れたお詫びにご馳走するね」と言って、少しお洒落なレストランに誘う。
・「私だけ特別扱いみたいで嬉しい」(20代女性)

◆「遅くなった分増量しました(笑)」と冗談っぽく言いながら渡す。
・「面白くていい! 増量っていうのもお得な感じ(笑)」(20代女性)


彼の気遣いがプラスされていることで、「むしろ当日じゃなくてよかった」とまで思う女性もいるようです。男性にとってホワイトデー以外の日に渡すのは、勇気がいるもの。その気持ちも汲み取ってお礼を言うと「気持ちが伝わった」と彼も安心するでしょう。