リッチだけど早く帰りたくなる残念デートあるある

1391913998585 200x200

デートのとき「お金をかけてくれたのは分かるけど、うれしくない…」と感じたことのある女性は、意外と多いようです。高額をかけているのに残念なデートとは、どういうものでしょうか。「オトメスゴレン」女性読者へのアンケートから「リッチだけど早く帰りたくなる残念デートあるある」を探ってみました。

◆予告抜きのサプライズで「普段着だと浮く高級レストランへ行く」
「せめて『おしゃれしてきてね』の一言くらいないと、恥をかくのはこっち」(20代女性)
「周りの目が気になって、料理もお酒もちっとも楽しめない!」(10代女性)
「相手だけ盛装で花束なんて渡されても、ミスマッチ感が半端ない…」(30代女性)

◆乗物酔いをする体質なのに「ヘリコプタークルーズで夜景を見に連れて行かれる」
「怖いし酔うし、全然嬉しくないどころか、もはや苦行」(10代女性)

◆おごりでも不安になる「メニューが時価の寿司屋へ行く」
「目安すら分からないため、会計が心配で、好きなネタを頼めません!」(20代女性)

◆高価なシャンパンなどを注文して、恩着せがましく「値段を何度も言う」
「その度に感激してみせるのは疲れるし、見返りを求められているようで気が重い」(30代女性)


お互いのテンションが一致していないと、高額なデートも男性の自己満足に感じてしまうようです。お金を出してくれた以上、感謝するのは礼儀ですが、お付き合いを続けたいなら本音も伝えるべきでしょう。ただし、デート当日に言うのは失礼ですから、日を改め、「庶民的なデートの方が落着くかも」など、男性の顏を潰さない言い方を心掛けて。(Office Ti+)