大好きな彼氏に「自分のこと」をもっと理解してもらうためのアピール9パターン

  • 【9】昔住んでいた街や通っていた学校など、思い出深い場所を案内する

    「どんな場所で生まれ育ったのか見て欲しい」(20代女性)というように、彼氏に地元を案内する女性も多いようです。ただし、「家族に紹介する」というと緊張して引いてしまう彼氏もいるので、まずは地元の街を一緒に歩くぐらいでちょうどよいかもしません。

頻繁にデートを繰り返してそばにいる時間が増えれば、自然とお互いの理解は深まるもの。しかし、具体的な言葉にしなければ伝わらない部分があることも事実です。ときには上記を参考に、自分をアピールしてみてもよいのではないでしょうか。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2013年8月20日(火)から8月27日(火)まで
対象:合計176名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)