「嫌いになったと言われたほうがマシ!」と男性をキレさせる、美しすぎる別れの言葉9パターン


悪者にはなりたくない一心で使ってしまうのが「都合の良い別れの理由」。しかしその本心がバレバレだと、かえって男性を怒らせてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から30代の独身男性154名に聞いたアンケート結果を参考に「『嫌いになったと言われたほうがマシ!』と男性をキレさせる、美しすぎる別れの言葉9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「友達に戻りたい」という、あまりにも簡単なクーリングオフ

    「こっちはまだ好きなのに、どの面下げて仲良くしろと!?」(10代男性)というように、お試し感覚で交際したものの「やっぱりキャンセルしたい」と伝わってしまうパターンです。いっそはっきり「友達のままのほうが楽しかった」とダメ出しすると、禍根を残さずに済むかもしれません。