「自分以外の女の子に夢中な男性」をデートに誘う方法9パターン

憧れの男性が、自分以外の女性に恋をしているのを知ったとき…。失恋した気分になって落ち込みますが、そこで諦めるのはもったいない。両思いではないとはいえ、誘い方次第ではデートに応じてくれる可能性もあるのではないでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』の男性読者に行ったアンケートを参考にして、「『自分以外の女の子に夢中な男性』をデートに誘う方法」をご紹介いたします。

  • 【1】「暇だからさー」と、軽いノリを演出してハードルを下げる

    男性が深く考えずに誘いに乗れるように、あえて軽いノリで誘うパターンです。仮に誘いを断られても気まずい空気になりにくいのがメリット。仕事中など相手が忙しいときは避けて、暇そうにしているときを狙って声をかけると良いでしょう。
  • 【2】「相談に乗ってほしいの…」と、真剣モードで悩み相談を持ちかける

    真剣な悩み相談を持ちかけることで、誘いに乗ることに使命感を持ってもらうパターンです。「役に立ってあげたい」という相手の良心に訴える方法なので、軽すぎる相談は避けたいところ。本当に相談したいことがある場合に使いましょう。