「自己チューだなぁ」と思われてしまう雨の日の振る舞い9パターン

雨の日は傘を差したり服が濡れないよう注意したり、外を歩くだけでも大変。だからといって、自己中心的な行動をしてしまわないように気をつけたいものです。そこで、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に、「『自己チューだなぁ』と思われてしまう雨の日の振る舞い」をご紹介します。

  • 【1】傘と傘がぶつかりそうになっても避けない。

    「強引さに引く。少しでも避けるそぶりを見せてほしい」(20代男性)というように、我が物顔で道を歩く女性に、引いてしまう男性は多いようです。相手が通り過ぎるのを待ったり傘を避けたりすると、気遣いが見えて好感を持ってもらえるかもしれません。
  • 【2】周囲に人がいるのを気にせず傘の水を切る。

    周りへの迷惑を省みない女性に対し、「配慮ができない子なんだなぁって思う」(40代男性)と、男性は幻滅してしまうようです。周囲を確認してから行動する余裕が持てると、男性に「誰にでも気を配れる子なんだ」と思ってもらえるでしょう。