【10代女性の本音】恋する女子が選ぶ「2013年No.1ラブソング」は

1388213203356 200x200

恋愛中は、自分の気持ちを代弁したようなラブソングを聴きまくるという女の子も多いのではないでしょうか。では、イマドキの10代女子は今年、どんな歌をよく聴いたのでしょう。先日、リアル恋バナが見れる、書けるSNSアプリ「Palette」内で「2013年No.1ラブソング」を募集したところ、以下のような結果になりました!

1位 オレンジ / GReeeeN
2位 片想い / miwa
3位 Go for it! / 西野カナ
4位 恋音と雨空 / AAA
5位 SNOW DOMEの約束 / Kis-My-Ft2
6位 小さな恋のうた / MONGOL800
7位 告白 / FUNKY MONKEY BABYS
8位 愛し君へ / GReeeeN
9位 涙色 / 西野カナ
10位 365日のラブストーリー。 / ソナーポケット

【調査概要】
『女のコのリアル恋バナ Palette』 (http://ca-palette.jp)
集計期間:2013年12月10日から16日まで

【回答者の声】
・『片想い』(miwa)。これね、片思いの人聞いて! がち泣けるけん(15歳女子)
・『涙色』(西野カナ)。元カレと別れて、立ち直るキッカケになった歌だから(15歳女子)
・『オレンジ』(GReeeeN)。学校でクラスで歌ってるとき「まさに私の気持ちだー!」って、好きな人に心の中で想いを伝えてたw(14歳女子)
・『恋音と雨空』(AAA)片思い中の人は聴いたほうがいい! 聴くと恋が叶うっていわれてる(15歳女子)


恋する10代女子が選んだNo.1ラブソングは、GReeeeNの『オレンジ』に輝きました! 2位は今年紅白歌合戦に初出場を果たしたmiwaの『片想い』。3位の西野カナに代わって、新たに「恋愛のカリスマ」に躍り出たと言えそうです。また、12年前にリリースされた『小さな恋のうた』が6位にランクイン。最新ヒット曲だけでなく、古い曲も自分がいいと思えば好んで聴いているようです。



<関連サイト>
女のコのリアル恋バナ Palette