温室育ちだな…男性に冷ややかな目線を向けられる行動9パターン

大切に育てられてきたことは決して悪いことではありません。しかしながら、過保護に育てられた結果、「世間知らず」や「甘ったれ」というレベルになると、気持ちが冷めてしまう男性もいるようです。そこで今回は、10代から30代の独身男性174名に聞いたアンケートを参考に、「『親に甘やかされて育ったんだろうな…』と男性に冷ややかな目線を向けられる女性の行動」をご紹介いたします。

  • 【1】いい大人なのに、自分のことを下の名前で呼ぶ

    「幼くみせようとしているのかもしれないけど…もう厳しいです(笑)」(20代男性)というように、自分を名前で呼ぶ女性は、小さいころから散々甘やかされてきたと思われやすいようです。直したつもりの人も、相手に気を許したときに出てしまいがちなので注意しましょう。
  • 【2】「私って○○だから…」など、キャラを理由に許しを乞おうとする

    「そんなの社会じゃ通用しない」(20代男性)というように、「迷惑をかけるのも自分の個性」と開き直ると、男性にイラッとされてしまいます。大人としての礼節を問われるシーンでは、「天然だから」「妹キャラだから」などの言い訳が通用しないと心得ましょう。