ひとりぼっちで年末年始を過ごす男性の心に突き刺さるLINE9パターン

「来年こそ親しくなれますように…」と願いつつ過ごす年の暮れ。お目当ての男性に彼女がいなそうなら、次の一年を片思いで終わらせないために、さっそく行動を開始すべきかもしれません。そこで今回は、10代から30代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「ひとりぼっちで年末年始を過ごす男性の心に突き刺さるLINE」をご紹介します。

  • 【1】「○○君、今年はお世話になりました」と名前入りで年末の挨拶を届ける

    「グループLINEとかじゃなくて、わざわざ個人あてに挨拶してくれるとグッとくる」(20代男性)など、自分のためだけに書かれた年末の挨拶LINEに、感激する男性は多いようです。「夏のバーベキューでは、火おこしのテクが見事だったね」などと具体的なエピソードに触れると、存在を強くアピールできるかもしれません。