悪いけどそれ、勘違いだよ…とつっこみたくなる恋バナ9パターン

恋バナに夢中なのは語っている自分だけで、まわりにいる友達はポカーンとしていた…そんな経験ありませんか? ひょっとしたらそれは、その話が「勘違い恋バナ」にしか聞こえないからかもしれません。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者の声を元に、「本人は大マジメだけど『勘違いでしょ』とつっこみたくなる恋バナ」を集めてみました。

  • 【1】気になる男性と毎日目が合うという話

    「自分がガン見しているからなんじゃ?」(10代女性)というように、女性の強烈な視線に男性が振り返って当然、と聞いた人は思うようです。意識的に男性から視線を外し、本当に目が合うのか、それとも自分が見ているだけなのか判断したほうがいいでしょう。