「今日は無礼講」を鵜呑みに…飲み会で失敗したエピソード9パターン

「今日は無礼講だから、気を使わずにいこう」という上司の一声とともに始まった飲み会。無礼講とはいえ、どのくらいリラックスしていいものなのか悩む人もいるでしょう。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「飲み会での『今日は無礼講!』を鵜呑みにして失敗したエピソード」についてご紹介します。

  • 【1】タメ口で話しかけて上司を怒らせた

    「親近感を演出したつもりだったんだけど…」(20代女性)というように、「無礼講」と言われても、年長者と話すときは敬語を使ったほうがよさそうです。場の空気を察してタメ口を使う場合も、「タメ口で話しますけどー」など、ネタ的な前フリをしたほうがいいでしょう。
  • 【2】記憶をなくすほど酔ってしまった

    「酔いつぶれて、翌日会社で噂になってしまったことがある」(30代女性)というように、会社の飲み会では理性を保ち、ほどほどにお酒を楽しんだほうがよさそうです。定期的に店の外へ出て酔いをさます、お酒と同量の水を飲むなど、酔いつぶれない工夫をしてはいかがでしょうか。