【ランキング】付き合いが長くなっても、彼氏にドキドキし続けるためのコツ・ベスト3

1384227111927 200x200

交際歴が長くなると愛している気持ちに変わりはなくても、ドキドキは少なくなってしまうことも。ではどんな接し方でいれば、彼氏といつまでもラブラブでいられるのでしょうか。そこで今回は『オトメスゴレン』女性会員にアンケートを実施。他の女性たちの意見を元に、「付き合いが長くなっても、彼氏にドキドキし続けるためのコツ・ベスト3」を発表します。

【1位】たまには、彼氏を見つめながら「好きだよ」と伝える。(479票)
・「ビックリされるけど、甘えてきたりします(笑)」(20代女性)
・「『俺も好きだよ』と言い返されると今までより好きになっちゃう」(10代女性)
・「私の彼氏の場合、言うと反射的にギュッとしてくる」(30代女性)

【2位】付き合ったばかりの頃のメールをときどき読み返す。(478票)
・「彼の思いやりや優しさを再確認できるので」(20代女性)
・「でも読み返し過ぎも禁物。今の彼氏に落胆することも…」(30代女性)

【3位】「やっぱりカッコいいね」など、あらためて彼氏を褒める。(377票)
・「最近冷たいなぁと思っていたら、褒めなくなったせいだと打ち明けられた」(20代女性)
・「内面など長い付き合いでないと分からないポイントを褒めるといいと思う」(20代女性)


2位のように過去を振り返る方法もありますが、自分と彼氏、どちらの気持ちも高まる1位と3位の方法がよりいいかもしれません。照れくさいときはメールや電話などで気持ちを伝えても喜んでくれるでしょう。恥ずかしいと思う気持ちは、まだ愛している証拠なのではないでしょうか。(A4studio)

【調査概要】
対象:合計2822名(『オトメスゴレン』女性会員)
方法:インターネット調査
※2013年10月4日現在