【ランキング】「SNSに私の悪口が?」現代こそ気をつけたい、破局相手から恨まれる別れ方ワースト3

1383637254747 200x200

自分の情報が筒抜けの現代社会。元彼からネット上で中傷される女性が増えています。SNSの普及で自分のことを包み隠すことが難しい今だからこそ、どんな別れ方が恨まれるのかを知っておく必要があります。今回は『スゴレン』男性会員を対象にアンケートを実施。その結果から「『SNSに私の悪口が?』現代こそ気をつけたい、破局相手から恨まれる別れ方ワースト3」を発表します。

【1位】メールで別れを切り出し、直接会おうとしない。(70票)
・「気まずいからって、好意を寄せ合ってた人との別れがメールって失礼すぎ!」(10代男性)
・「怒ったり、泣いたりしないから直接会って告げてほしい。それが男にとってもけじめになる」(20代男性)
・「電話に出てくれないので、共通の知人を介して連絡とりました」(30代男性)

【2位】別れ話をする前に他の男性と付き合いはじめている。(52票)
・「事実上の浮気ですよ。女々しいですが、フェイスブックで言いふらしました(苦笑)」(10代男性)
・「元彼からだけでなく、女友達からも、ひんしゅく買ってる子がいたなぁ」(20代男性)

【3位】バレバレの言い訳をして、本当の別れの理由を言わない。(48票)
・「長く付き合ってきた相手ならば嘘ぐらい見抜けますんで」(30代男性)
・「新しく好きな人ができたとかフェイスブックで調べれば大体わかる」(20代男性)


会おうとしない、二股している、とにかく言い訳ばかりなど、「ズルい」と思われるようなことが男性の怒りを買うようです。そして、やはり意見として出たのがSNSを使った迷惑行為。新恋人がバレるのもキツいですが、悪口を言いふらされる方向に使われたらひとたまりもありません。別れたあとも良好な関係を築けるよう、彼氏が納得できる誠意のある別れ方をすることが大切なのではないでしょうか。(A4studio)

【調査概要】
対象:合計348名(『スゴレン』男性会員)
方法:インターネット調査
※2013年9月13日現在