かわいい顔して、こいつ鬼だな…女性不信になりかけた瞬間9パターン

多くの男性は、女の子のちょっとした言動から「女の怖さ」を感じています。内容によっては、「気になる女の子」から「鬼」へと評価が変わってしまうことがあるようです。彼らをそこまで恐れさせる言動とはどのようなものでしょうか。そこで今回は『スゴレン』の男性読者の声を参考に「『かわいい顔して、こいつ鬼だな…』と女性不信になりかけた瞬間」をご紹介いたします。

  • 【1】女友達がその場からいなくなったとたん、その子の悪口を言ったとき

    「裏表ありすぎでしょ!」(10代男性)というように、陰口を叩くほど嫌っているのに、表面上は仲良く見せられるところに、男性は「女の怖さ」を感じるようです。人前で悪口を言うくらいなら、本人に直接不満を述べたほうが、周囲に「真っ直ぐな人」という印象を残せていいでしょう。
  • 【2】思い出の品を容赦なく捨てているのを見たとき

    「ちょっとドライすぎ。思い出の品とかないの?」(20代男性)というように、女の子がガンガン物を捨てている様子を見て、「薄情すぎる」と眉をひそめる男性も。いらない物を捨てるときでも、リサイクルできるものはバザーに出すなど、処分方法を工夫すれば印象が変わるかもしれません。