なぜそこで泣く!共感どころかウンザリされる「女の涙」9パターン

“Why are you crying?” 9 Times Men Do Not Understand Your Tears

「涙は女の武器」と確信しているかのように、男性の前でアットランダムに涙を投下している女性はいませんか? そこにドラマ性があればヒロイン扱いされるかもしれませんが、ささいな理由で頬を濡らしていると「危険人物」のレッテルを貼られてしまうことも…。そこで今回は、10代から30代の独身男性191名に聞いたアンケートを参考に「『どうしてそこで泣くの?』と、男性が共感できない女性の涙9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】仕事で注意されると、被害者のような顔でヒステリックに泣く

    「子供かよ!? 泣く暇があるなら働いてミスを取り戻せ!」(30代男性)など、不必要に思われやすいのが仕事中の涙です。一人前の社会人として、たとえ理不尽な指摘をされても、涙ではなく論理的な言葉を用いて反論しましょう。