男性からするとまったく意味不明な「別れのセリフ」9パターン


相手を傷つけまいと選んだサヨナラの言葉が、男性を変に期待させたり、混乱させたりしてしまうこともあるようです。では、どんなセリフが誤解を生みやすいのでしょうか。そこで今回は『スゴレン』の男性読者のみなさんの意見を参考に、「男性からするとまったく意味不明な『別れのセリフ』」をご紹介いたします。

  • 【1】「好きだけど別れたいの」

    「やり切れない気持ちになる」(10代男性)というように、男性は「好きなのに別れる」という矛盾した理屈に納得できないようです。「ほかにもっと好きな人ができた」などと、嫌いになったわけではなくても別れたい理由を正直に伝えたほうが男性も諦めがつくでしょう。