片思い中のカレにスムーズに挨拶を返せなかったときの対処9パターン

意中の相手に声をかけられるのは嬉しいことですが、緊張してうまく言葉が出てこなかったときは、どうしたらいいのでしょうか。そこで今回は、10代から30代の独身女性234名に聞いたアンケートを参考に「片思い中の男性にすれ違いざま『バイバイ』と言われたのに、とっさに言葉が出なかったときの対処法」をご紹介します。

  • 【1】なんとかして笑顔をつくり、男性が見えなくなるまでバイバイする

    「言葉がでないなら身振り手振りで、相手に印象に残るように頑張る!」(20代女性)というように、男性が気づくまで手を振り続けて、気持ちを伝えるパターンです。男性に気づいてもらうために、少し大げさなくらい手を大きく振るといいかもしれません。
  • 【2】とっさに声が出なくても、男性の肩などを叩いてアピールする

    「ポンポンって叩いて、バイバイをすればOK!」(10代女性)というように、思わず声が出なくてもスキンシップで存在をアピールする手もあるようです。男性に振り向いてもらえるように少し強めに叩くと、印象にも残りやすいかもしれません。