天然じゃないと知っていてもきゅんとくる「計算ぶりっこ」9パターン

明らかに計算されたぶりっこでも、思わずにやけてしまう男性は多いもの。意中の男性をときめかせるためにも、彼らのツボを押さえておきたいところです。今回は、10代から30代の独身男性244名に聞いたアンケートを参考に「天然じゃないとわかっていても『かわいいっ!』ときゅんとくる計算ぶりっこ」についてご紹介します。

  • 【1】「てへ」と舌をちょろっと出して笑う

    「はじらう感じがたまらない」(20代男性)という声もあるように、小さな失敗をしたときに茶目っ気を見せると、わざとだと知りながらも、思わず頬がゆるむ男性もいるようです。道ばたでつまずいたときや、言い間違いをしたときなどに繰り出してみるといいでしょう。