経験者は語る!中年の「独身王子」と上手に恋愛する方法9パターン


晩婚化が進む現代、中年の独身男性と交際する機会が一度や二度はあるかもしれません。そんなとき何に気をつけたらよいのでしょうか。『オトメスゴレン』の読者の中で交際経験のある女性の意見をもとに、9つのポイントを紹介します。

  • 【1】ジェネレーションの差を感じても、ギャップを楽しむ

    「バブル世代独特の価値観が意外とおもしろい」(20代女性)など、彼と年齢差がある場合は積極的に違いを楽しむ姿勢が大切なようです。話題にあがる有名人や音楽のネタが古くても、文化を吸収する気持ちで世界を広げましょう。

  • 【2】独身を存分に謳歌する彼の、趣味やこだわりを褒める

    「趣味が多彩で、とにかくこだわりが多い」(20代女性)など、独身生活が長い分いろいろな分野にこだわりが強い男性が多いようです。彼のこだわりが強いほど、そこに共感すれば「この子はわかってくれる」と男性が感激し、仲が深まるかもしれません。

  • 【3】中年まで独身の理由が「奥手」な場合、自分からリードする

    「異様に奥手。私から押しました」(20代女性)など、「元祖草食系」な性格のために中年まで独り身の男性もいるようです。交際中の人も、気になる男性がいる人も、「今度あのお店に行ってみたい」など自分から積極的に誘うとよいかもしれません。

  • 【4】独身を貫く彼の恋愛に対する理想が高すぎても、めげずに努力する

    「彼から『女子アナみたいな人と結婚したい』と言われた」(30代女性)など、恋愛対象に求めるハードルが高くて中年まで独身の男性もいるようです。理想が高すぎる彼にダメだしをされても、多少のことではめげないようにしましょう。

  • 【5】マイペースに生きてきた彼が連絡ベタでも、気にしない

    「自分の時間が大切なのか、連絡も少ないし予定をあわせてくれない」(30代女性)など、独身を楽しんできた男性は自分の時間を大切にする傾向があるようです。連絡が少ない場合、彼を変えようとするのはケンカの元。「そういうものだ」と割り切った方がお互い心穏やかに過ごせるでしょう。

  • 【6】彼が「女性にお金を使う」ことを知らなくても、愛されていると自信を持つ

    「仕事を優先して生きてきた彼。女性に贈り物をするとかいう発想が全然ない」(20代女性)など、したいことを続けるために年を重ねてきた男性は、女性の扱いに慣れていないこともあるようです。彼が自分にお金をかけてくれなくても愛の深さとは別と考えると、心がラクになるでしょう。

  • 【7】自分の時間を優先しがちな彼を、束縛しようとしない

    「1人の時間を与えてあげることが、長続きさせる秘訣」(30代女性)など、独身時代が長い男性と交際するときは、縛らないことがポイントのようです。彼にべったりできないとさみしさを感じてしまう女性は、興味のある習い事や資格に挑戦してみるなど、自分の時間を充実させましょう。

  • 【8】相手に譲ることも大切である、と教えてあげる

    「クセがありすぎて一緒に過ごすのは大変」(30代女性)など、独りの時間が長いだけに、他人に合わせるのが苦手な男性もいるようです。長く付き合いたいならば、「交際を続けるためには、ここだけは譲れない」と自分の価値観をはっきり伝えることも必要かもしれません。

  • 【9】彼の結婚願望が低くても、「気長に待つ」くらいの心意気を持つ

    「結婚の必要性を感じていないみたい」(20代女性)など、独身を貫いてきた男性の中には結婚願望が低い人も多いようです。「独身でいたい」と思っている彼に急に結婚を迫ると破局につながりかねません。どうしても一緒になりたい場合は、自分の意思を伝えながらも「気長に待とう」と大きく構えましょう。

仕事や趣味に時間を使ってきた中年の独身男性には、魅力的な人が多いのも事実。それだけに、相手を尊重することがよい関係作りの秘訣のようです。「自分の時間を大切にし、相手の時間を尊重し、その上に恋愛がある」という姿勢で、心に余裕を持つとよいでしょう。(水谷ともゑ)
Photo:All images by iStock