後輩のやる気を削ぐ「ちょっとした一言」9パターン

こちらに他意がなかったとしても、先輩のふとした言葉に傷つき、やる気をなくす後輩もいるようです。打たれ弱い後輩に意欲的に仕事をしてもらうためにも、言葉づかいには注意が必要かもしれません。そこで今回は、『スゴエル』読者へのアンケートを参考に、「後輩のやる気を削ぐ『ちょっとした一言』」をご紹介します。

  • 【1】書類を渡したときの「とりあえず、そこ置いといて」

    「急ぎって言われたから頑張って早くやったのに…」(20代女性)というように、軽くあしらうかのような一言に「努力を無下にされた」と感じる後輩もいるでしょう。どんなにバタバタしていても、きちんと目を見て「ありがとう」と感謝の気持ちを伝える心の余裕を持ちましょう。