取引先の男性に一目惚れ!好意に気づいてもらうアプローチ9パターン

社会人なら一度くらいは取引先の相手に強い好意を抱いたことがあるのでは? けれども、仕事関係者だと簡単には仲を深められないのが実際のところです。そこで今回は、10代から30代の独身女性220名に聞いたアンケートを参考に「取引先で一目惚れした男性との仲を一気に縮めるアプローチ」をご紹介します。

  • 【1】マメに顔を出したり打合せをたくさん設定して、とにかく顔を覚えてもらう

    「会う回数を重ねるほど、人の印象は強くなりますから」(20代女性)など、顔を合わせる機会を極力増やす作戦は効果的だとか。「ちょっとでも関係ある会議なら顔を出すべき!」(30代女性)という意見もあるように、同席できる理由を作る努力は欠かせないようです。
  • 【2】共通の仕事仲間に取り次いでもらって、打合せの後、飲み会などを開いてもらう

    「トークに自信がある人は、飲み会で勝負したほうがいい」(30代女性)など、仕事場で自身の魅力が活かしきれない人は「場外戦」をセッティングしてもらうのも一つの手です。ただし、いくら飲みの席でも、仕事相手には構えてしまう男性は多いもの。ハメを外しすぎないよう注意したいところです。