「私はモテる」と自信過剰だったときの失敗9パターン

モテるからと調子に乗りすぎたせいで、結果的に出会いをつかめず後悔している人もいるようです。そこで今回は、10代から30代の独身女性234名に聞いたアンケートを参考に「『私はモテる』と自信過剰だったときの失敗」をご紹介します。

  • 【1】「好かれるのも楽じゃないね…」などと、ため息交じりに周りに話していたこと

    「ナルシストになってた」(30代女性)というように、言い寄る男性をウザがるような発言を反省している人がいます。もし「言い寄られるのが面倒」と思っても、口には出さないのが賢明かもしれません。
  • 【2】少し目が合っただけで「あの人も私のことが好きなのか…」と思い込んでいたこと

    「昔の私はとにかく自意識過剰でした」(20代女性)というように、男性が自分を見ているだけで、脈ありだと勘違いしていた人も。自分だけではなく、「ほかの女の子にも同じように視線を飛ばしているかも」と考えるのが普通でしょう。